ホーム > 技術情報

準鏡面超硬切削工具

準鏡面超硬切削工具

準鏡面超硬切削工具とは

準鏡面超硬切削工具とは、スイスBINC INDUSTRIES社のライセンスのもとに超精密研磨法であるMMP TECHNOLOGY®を適用し、HAMグループが開発・製造する超硬切削工具です。同プロセスで研磨したHAMの切削工具は、人の顔が写りこむような超平滑面を持っていますが、世の中に鏡面の正確な定義がなく、どこまでの面粗度・平面度をもつ面を鏡面と呼ぶか、人により考え方が異なるため、誤解を招かないよう私共は準鏡面との言葉を用いることにいたしました。

HAMの準鏡面超硬切削工具は高精度の切れ刃と超平滑面により、摩擦抵抗・切削抵抗・発熱が小さく構成刃先も生じにくいため、結果として次のようなアドバンテージを持っています。

  1. ワーク切削面品質及び加工精度の向上
  2. 切削速度・送り速度のアップ
  3. チップ排出能力の向上
  4. 刃具の長寿命化

MMP TECHNOLOGY® (MMP=Micro Machining Process)

本超精密研磨法では、切削工具表面に特殊な複合プロセス(機械・物理・化学)でマイクロ加工を施します。装置が生じる高エネルギー運動により、擬集砥粒が相対的に運動して、表面粗さを除去する原理です。除去すべき表面粗さの形状に、砥粒がミクロンレベルで倣うように擬集します。

  1. 2次粗さの除去
  2. 1次粗さの一部除去
  3. 1次粗さの完全除去
  4. 粗さの完全除去

といった4段階にて切削工具の表面を準鏡面状態に仕上げてゆきます。

表面粗さの変化

表面粗さを除去する原理

適用の範囲

本精密研磨法は超硬切削工具表面、CVD/PVDコーテイング前の超硬面、PCD切れ刃を持った超硬面に施して、その効果を得ることができます。また、たとえ切削工具の再研磨後に、同プロセスによる処理を施さずとも、切れ刃以外の部分における超平滑面がある程度保たれることによって、その機能が全く失われることにはなりません。

当社はこの準鏡面超硬切削工具を標準品・特殊仕様品の双方にて販売いたします。現在標準品としてリリースされている準鏡面超硬切削工具商品は以下のとおりです。特殊仕様品についてはお問合せください。

  1. HAM40-5091 5枚刃トロコイド加工エンドミル 2xD
  2. HAM40-5191 5枚刃トロコイド加工エンドミル 3xD
  3. HAM40-5291 5枚刃トロコイド加工エンドミル 4xD